Blog/CAVEdeEBINA

京都御所南のワイン専門店 "CAVE de EBINA" のブログ 『おいしくて たのしくて きもちいい』 ごちそうづくりの おてつだい

『収穫情報その1☆ボージョレヌーヴォー2016(2016年7月27日 仲田晃司 /ルーデュモン)』

1月~6月の平均気温が8~9度とやや低く、例年より約2週間ほど遅れて6月中旬に開花が始まりました。

お聞き及びの通り、今年は自然の脅威をまざまざと見せつけられた年で、4月26日から27日にかけての大規模な霜害、そして5月27日と6月24日に襲ったピンポン玉大の雹害によって、北ボージョレでは多くの生産者が7~8割の減収となりました。しかし幸いなことに、私の契約区画がある南ボージョレは、ほとんど被害に遭いませんでした。

また、5月~7月の多雨によって、ボージョレを含むブルゴーニュ全域でミルデューが蔓延しておりますが、標高400メートルの高台にあって年中風が吹いている私の区画ではほとんど発生せず、現時点におけるぶどうの生育状況は、とても良好です。

私の契約畑では毎年、ミルランダージュによる小粒の凝縮したぶどうができることが多いのですが、今年も大部分がミルランダージュとなっており、今後の天候次第ではありますが、皮の厚い、最高度に凝縮したぶどうの収穫を期待しております。

最も重要な収穫直前3週間の天候が良好であれば、間違いなくグレートヴィンテージになります。8月の平均気温が25度程度に収まり雨が降らなければ、昨年を凌ぐ可能性もあります。

開花日から予想される今年の収穫開始時期は9月15日頃ですが、私は9月末頃まで、ぶどうの完熟を待つつもりです。「ガメイは、完熟が命」ですので。

2016年7月27日

メゾン・ルー・デュモン 仲田晃司

f:id:EBINA:20161028200234p:plain

☆2016ヌーヴォー、只今好評予約受付中!☆申込書のダウンロードは、こちらで!!☆