Blog/CAVEdeEBINA

京都御所南のワイン専門店 "CAVE de EBINA" のブログ 『おいしくて たのしくて きもちいい』 ごちそうづくりの おてつだい

『収穫情報その1☆ボージョレヌーヴォー2015(2015年8月19日 ボージョレワイン委員会)』

“ぶどうの収穫、間もなく開始。ぶどうの質はとても良く、偉大なヴィンテージを予測させる。”

f:id:EBINA:20151012174736j:plain

ボージョレの畑(リヨンとマコンの間に広がる16,000ha)では、色づきが終わり、最初の収穫は来週初め(注:8月24日の週のこと)に始まる見込みとなった。

以降ほぼ1ヵ月にわたり、約50,000人の「収穫人」と「ぶどう運搬人」がガメイの狭い畝を賑わわせる。もちろん白ワインも造っているボージョレなので、シャルドネの畝も同じように賑わう。

醗酵室とドメーヌは、この欠かすことのできない作業者たちを受け入れる準備をしている。ちなみに、ボージョレはシャンパーニュ地方と同様、手摘みが一般化している唯一の産地である。

天候面では、暑さと強い日照によりぶどうの成熟がよく進み、良い品質のぶどうが期待される。上半期の暑さと乾燥、日照に続き、7月の平均気温は例年を4℃上回った。
さらに、7月末の時点で2015年の日照時間は例年を200時間上回っている。

8月初めから暑さが続いているが、8月8日から少し雨が降ったおかげでぶどう樹は水分を得ることができ、そして少々「呼吸する」もできた。

しかしながら収穫量は2014年を約25%下回ることが見込まれる。果実の重量と果房の重さは規則正しく増え続けているものの依然として少なく、区画により大きな差が見られる。

今後数日にわたって穏やかな転向が予想されており、ぶどう畑の健全な衛生状態を維持できると見込まれる。ぶどうの成熟が遅い区画では生産者はぶどうが熟すのを穏やかに待ち、最適の熟度で収穫することができるだろう。

2015年の品質を語ることはまだ早いが、偉大な品質であるとすでに予想される。特に色とストラクチュアの面で、分析結果は2つの偉大な年である2009年と2011年を思い起こさせる。

ヴィンテージの輪郭は、最初のテイスティングによりさらにはっきりとするはずだ。

 

2015年8月19日
(ボジョレーワイン委員会プレスリリースより)

※当店でも、只今好評予約受付中です!
CAVE de EBINA ボージョレ・ヌーヴォー2015予約申込書は、こちら!!