Blog/CAVEdeEBINA

京都御所南のワイン専門店 "CAVE de EBINA" のブログ 『おいしくて たのしくて きもちいい』 ごちそうづくりの おてつだい

『営業案内:12/15/木〜21/水』

【12月】
15日(木)午前10時〜午後8時
16日(金)午前10時〜午後8時
17日(土)午前10時〜午後8時
18日(日)午前10時〜午後8時
19日(月)午前10時〜午後7時30分(臨時)
20日(火)午前10時〜午後6時(臨時)
21日(水)定休日(年内最後の定休日)
※この後、年内31日(土)まで無休で営業いたします!(^_^)

↓写真のワインは、当店新入荷のスペインワイナリー、『Grifoll Declara<グリフォイ・デクララ>』の全ラインナップです。日本人女性が嫁いだ家族経営のワイナリーで、スペイン銘醸ワインの産地プリオラートで地葡萄を使った滋味あふれるワインを造っています。この機会に是非一度お試しください!(^_^)

f:id:EBINA:20161208105503j:image

『営業案内:12/8/木〜14/水』

【12月】
8日(木)午前10時〜午後8時
9日(金)午前10時〜午後8時
10日(土)午前10時〜午後8時
11日(日)午前10時〜午後8時
12日(月)午前10時〜午後7時30分(臨時)
13日(火)午前10時〜午後8時
14日(水)定休日

↓写真のワインは、当店イチオシのスペインワイナリーのひとつ、『VERUM<ヴェルム>』の全ラインナップです。どれも上質でコストパフォーマンスの高いワインですので、ワインが美味しいこの季節、是非一度お試しください!(^_^)

f:id:EBINA:20161208105434j:image

『営業案内:12/1/木〜7/水』

【12月】
1日(木)午前10時〜午後8時
2日(金)午前10時〜午後8時
3日(土)午前10時〜午後8時
4日(日)午前10時〜午後8時
5日(月)午前10時〜午後7時30分(臨時)
6日(火)午前10時〜午後8時
7日(水)定休日

↓写真のワインは、これからの季節、是非お楽しみ頂きたい、泡ロゼ、白、赤ワインの特にお薦め3本です!どれも外税2000円台とお手頃な価格ながら、上質の味わいを堪能していただけます。ご家庭の食卓で、友達とのホームパーティに、様々なシーンで是非一度お試しください!(^_^)

f:id:EBINA:20161201195359j:image

 

『“ハンケイ500m vol.033”に、掲載していただきました!(^_^)』

先日、本物を知る「京おんな」のためのフリーマガジン - ハンケイ500mのvol.033に掲載していただきました!もちろん、当店のボージョレ・ヌーヴォーも、美味しいと思えないものは、売っていません!!(^_^)

☆『本物を知る「京おんな」のためのフリーマガジン - ハンケイ500m』は、こちらからどうぞ!!

☆ボージョレ・ヌーヴォー2016、只今好評予約受付中!☆申込書のダウンロードは、こちらからどうぞ!!☆

f:id:EBINA:20160912163102j:plain

f:id:EBINA:20160912163217j:plain

f:id:EBINA:20160917134936j:plain

本物を知る「京おんな」のためのフリーマガジン - ハンケイ500m

『収穫情報その3☆ボージョレヌーヴォー2016(2016年9月29日 仲田晃司 /ルーデュモン)』

8月に続いて、9月の天候もとても良好に推移しました。水不足が心配されるほどでしたが、中旬に適度な雨も降り、ぶどうはすくすくと育ちました。

種まで茶色になる完熟を迎え、本日29日晴天の中、収獲を行いました。病害もなく、すべての契約畑のぶどうが潜在アルコール度数12度を超え、かつ酸も十分に確保された、素晴らしいぶどうを収穫することができました。

前回9月7日のレポートにも書きましたように、今年は2005年によく似ていると思います。先日の雨と、ここ数日気温が下がったことで、2005年に唯一欠けていたフルーティーな香りについても今年は期待ができますので、その意味では2005年と同等以上に、果実感たっぷりの濃厚なワインになるのではないかと思います。また、果汁の段階でかなり複雑な味を見せており、様々なお料理に合わせていただけやすいスタイルになるのではないかと思います。

昨年よりも25日ほど遅い収穫となりましたが、焦らずじっくりと仕込んでまいります。ご注文をくださいましたすべてのお客様に、心よりお礼申し上げます。

2016年9月29日

メゾン・ルー・デュモン 仲田晃司

f:id:EBINA:20161028200234p:plain

☆2016ヌーヴォー、只今好評予約受付中!☆申込書のダウンロードは、こちらで!!☆

『おすすめヌーヴォーその3★昔ながらの造りとスタイルを再現した、凝縮感ある果実味の伝統派ヌーヴォー★2016 Beaujolais Nouveau Cuvee Tradition, Paul Sapinin』

※是非お試しいただきたい一本を、当店セレクションから、さらに厳選してご案内!

★2016 Beaujolais Nouveau Cuvee Tradition, Paul Sapin ¥3,600(外税)
<ボージョレ・ヌーヴォー・キュヴェ・トラディション、ポール・サパン>

☆只今、好評予約受付中!☆申込書のダウンロードは、こちらからどうぞ!!☆

f:id:EBINA:20141012143752j:plain

産地:フランス、ボージョレ地方
葡萄品種:100% ガメイ

※昔ながらのボージョレ・ヌーヴォーの造りを今に再現したスペシャル・ヌーヴォー。
※減農薬栽培で畑をできる限り自然な状態にして育てた葡萄を手摘みで選んで収穫。凝縮された果実味としっかりとしたボディの感じられる味わい。
※瓶の口を蝋で固めたクラシックスタイルのボトルで、レトロな雰囲気も楽しめます。

生産者のウェブサイト:http://www.paul-sapin.com/

☆只今、好評予約受付中!☆申込書のダウンロードは、こちらからどうぞ!!☆

『収穫情報その2☆ボージョレヌーヴォー2016(2016年9月7日 仲田晃司 /ルーデュモン)』

8月の天候は概ね良好でした。特に後半は連日30度を超え、雨も降らず、ボージョレ全域で心配されたミルデューの害も完全に収束しました。

9月5日には適度な雨も降り、現時点でぶどうは理想的な状態です。大部分はミルランダージュの超小粒ぶどうです。

多くの生産者があと1週間ほどで収穫を開始しますが、私は予定通り、あと3週間ほど、ぶどうの完熟を待ちます。

今年のヌーヴォーは昨年同様に、凝縮感のある、濃厚な味わいになると思います。また、酸が少なかった昨年と比べて、十分かつ適度な酸があるのも今年の特徴です。これまで造ってきたミレジムの中では、2005年にとてもよく似ています。

あとは好天が続くのを祈るのみです!収獲が完了し醸造が一段落しましたら、またご報告申し上げます。

2016年9月7日

メゾン・ルー・デュモン 仲田晃司

f:id:EBINA:20161028200234p:plain

☆2016ヌーヴォー、只今好評予約受付中!☆申込書のダウンロードは、こちらで!!☆

 

『おすすめヌーヴォーその2★格上葡萄で醸される、究極のヴィラージュ・ヌーヴォー★2016 Beaujolais Villages Nouveau Print Bottle, Paul Sapin』

※是非お試しいただきたい一本を、当店セレクションから、さらに厳選してご案内!

★2016 Beaujolais Villages Nouveau Print Bottle, Paul Sapin ¥3,200(外税)
<ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー・プリント・ボトル、ポール・サパン>

☆只今、好評予約受付中!☆申込書のダウンロードは、こちらからどうぞ!!☆

f:id:EBINA:20161004165514j:plain

産地:フランス、ボージョレ地方
葡萄品種:100% ガメイ

※ボージョレ・ヴィラージュの規定より格上のクリュ・ボージョレ認定村産の葡萄を使用し、伝統的製法である『マセラシオン・ボージョレ』で醸造。飲んだ誰もが美味しいと感じる、心地よい香りとコクを伴った上質の味わい。
※毎年デザインが変わるラベルがボトルに直接印刷されたプリントボトルで、毎年の思い出とともにコレクションしたり、特別に嬉しいことがあった2016年の記念に、かなりお薦めです!

※かなりしっかりとした味わいなので、デカンタージュしていただくことで、よりいっそう美味しくお楽しみいただけます。

生産者のウェブサイト:http://www.paul-sapin.com/

☆只今、好評予約受付中!☆申込書のダウンロードは、こちらからどうぞ!!☆

『収穫情報その1☆ボージョレヌーヴォー2016(2016年7月27日 仲田晃司 /ルーデュモン)』

1月~6月の平均気温が8~9度とやや低く、例年より約2週間ほど遅れて6月中旬に開花が始まりました。

お聞き及びの通り、今年は自然の脅威をまざまざと見せつけられた年で、4月26日から27日にかけての大規模な霜害、そして5月27日と6月24日に襲ったピンポン玉大の雹害によって、北ボージョレでは多くの生産者が7~8割の減収となりました。しかし幸いなことに、私の契約区画がある南ボージョレは、ほとんど被害に遭いませんでした。

また、5月~7月の多雨によって、ボージョレを含むブルゴーニュ全域でミルデューが蔓延しておりますが、標高400メートルの高台にあって年中風が吹いている私の区画ではほとんど発生せず、現時点におけるぶどうの生育状況は、とても良好です。

私の契約畑では毎年、ミルランダージュによる小粒の凝縮したぶどうができることが多いのですが、今年も大部分がミルランダージュとなっており、今後の天候次第ではありますが、皮の厚い、最高度に凝縮したぶどうの収穫を期待しております。

最も重要な収穫直前3週間の天候が良好であれば、間違いなくグレートヴィンテージになります。8月の平均気温が25度程度に収まり雨が降らなければ、昨年を凌ぐ可能性もあります。

開花日から予想される今年の収穫開始時期は9月15日頃ですが、私は9月末頃まで、ぶどうの完熟を待つつもりです。「ガメイは、完熟が命」ですので。

2016年7月27日

メゾン・ルー・デュモン 仲田晃司

f:id:EBINA:20161028200234p:plain

☆2016ヌーヴォー、只今好評予約受付中!☆申込書のダウンロードは、こちらで!!☆

 

『おすすめヌーヴォーその1★今年もイチオシ!ブルゴーニュで活躍する日本人醸造家が、凝縮した葡萄にこだわって作る、コクのある美味しいヌーヴォー★2016 Beaujolais Nouveau, Lou Dumont / 仲田晃司』

※是非お試しいただきたい一本を、当店セレクションから厳選してご案内!

★2016 Beaujolais Nouveau, Lou Dumont / Koji NAKATA ¥3,500(外税)
<ボージョレ・ヌーヴォー、ルー・デュモン / 仲田晃司>

☆只今、好評予約受付中!☆申込書のダウンロードは、こちらからどうぞ!!☆

f:id:EBINA:20161028200234p:plain

産地:フランス、ボージョレ地方
葡萄品種:100%ガメイ

※ブルゴーニュで2000年にワイナリーを設立した日本人醸造家、仲田晃司氏が醸すボージョレ・ヌーヴォー。今年でヌーヴォーをリリースして11年目。
※『ガメイは、完璧に熟成させて初めて、その真価を発揮する。そのためには、どうしてもヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)でなければならない。』を信念に、凝縮した葡萄の収穫、コクと味わいのあるヌーヴォーづくりを目指す。
※現代美術家ジェラール・ピュヴィスの特製ラベルで、重厚ボトル(レジェンド・アンティーク)を使用。
※「年に1回きりのものだからこそ、飲んだ人がワインを好きになるきっかけとなり得るような、ワインとしておいしいヌーヴォーを造りたいです」。ヌーヴォーを造りはじめてからの仲田さんの変わらぬ信念です。樹齢70年以上の樹から生まれる凝縮した小粒のぶどうから、あらゆる点にこだわって造った、「美味しいヌーヴォー」です。

生産者のサイト:http://www.loudumont.com/

☆只今、好評予約受付中!☆申込書のダウンロードは、こちらからどうぞ!!☆